Illustator: 効率的なクリッピングマスクの作り方

クリッピングマスクは、写真のトリミングなどに利用されるテクニックです。また、印刷原稿データ作成時に、はみ出した部分を隠す場合にも用いられ、使用頻度の高い機能のひとつといえるでしょう。

 

クリッピングマスクを作成するには、いくつかの方法があり、用途によって使い分けると便利です。ここではクリッピングマスクのさまざまな作成方法を以下の5編に分けて解説します。1〜2で基本操作、3〜5で作成方法を紹介します。

 

1. クリッピングマスクの基本

2. クリッピングマスクの編集

3. [マスク]ボタンでクリッピングマスクを作成する

4.[内側描画]モードでクリッピングマスクを作成する

5. レイヤーパネルでクリッピングマスクを作成する

 

 ※4、5の記事は株式会社スイッチ、鷹野雅弘氏のセミナーや書籍を通じて多くの示唆をいただきました。感謝申し上げます。

1. クリッピングマスクの基本

まず最初に、クリッピングマスクの基本的な作り方をおさえておきましょう。作り方の手順は以下のとおり。

① 写真を配置し、写真の前面にマスク用のオブジェクトを作成して重ねます。

② 両方のオブジェクトを選択して、[オブジェクト]メニューから[クリッピングマスク]→[作成]を選びます。

③ 前面のオブジェクトで背面の写真がマスクされました。クリッピングマスクを適用すると、マスク用のオブジェクトは塗りや線が「なし」になります。

④ クリッピングマスクを解除するには、[オブジェクト]メニューから[クリッピングマスク]→[解除]を選びます。

1 2 3 4 5

Far, IncのFacebookページでは、最新情報を掲載しています

Copyright(c) 2016 Far, Inc. All rght reserved.